その他

かき氷シロップは同じ味なの?シロップの作り方とレシピを紹介!

夏の風物詩の1つ、かき氷!近年、かき氷専門店なども増えて人気になっていますよね♡

もちろん!自宅で楽しむ昔ながらのかき氷も格別!イチゴ、メロン、レモンなど市販のシロップを毎日違う味で楽しめるのって最高です!

でも、この”かき氷シロップ”。元々のシロップは全部同じ味だということをご存知ですか?
味も見た目も全く違うのに同じ味って、いったいどういうことでしょう?

かき氷シロップの味が同じ理由って?

引用:美活ライフ

市販のかき氷シロップの材料は、基本的に「高フルクトース・コーンシロップ」という果糖ぶとう糖液と酸味料でできています。これは甘い味が特徴の液体で、イチゴやメロン、レモンなど、ほとんどのシロップに共通して使われています。

この共通の甘い液体に、イチゴに近い香料と赤い色を加えるとイチゴシロップになり、メロンに近い香料と緑色を加えるとメロンシロップになるというわけです。

つまり、かき氷シロップに使われるベースの味は同じもので、違いは”色と香り”だけということに!

市販のかき氷シロップには【イチゴ、メロン、レモン、マンゴー、ブルーハワイ】などがありますが、実は、目を閉じて鼻をつまんで食べたら味はどれも一緒!果糖ぶとう糖液の味なんです!

これは原材料表示欄を見ればわかりますが、市販のかき氷シロップの違いは着色料と香料だけなのです。(ちなみにレモン味には10%未満のレモン果汁が含まれているようです)

かき氷のシロップの味の違いは色と香り

では、どうして市販のかき氷シロップは違う味に感じてしまうのでしょうか?その秘密は香料と着色料にあり”脳の錯覚”だともいわれています。

これはどういうことかと言うと、人間の脳は香りや色によって味を勝手にイメージしてしまうからでメカニズムは、人がシロップの色を見ると、まず『赤はイチゴ、緑はメロン、黄色はレモン』と勝手に思い込みます。そこに香りが加わることで、『赤はイチゴの味、緑はメロンの味、黄色はレモンの味』と判断してしまうそうなのです。

つまり、かき氷シロップの味の違いは錯覚を起こしているだけ!見た目や香りなどの情報が組み合わさることによって、味を感じる人間だからこその不思議なんです。

もちろん違う味のかき氷のシロップもある!

市販のかき氷シロップは果糖ぶとう糖液の味でどれも一緒といいましたが、抹茶味のシロップに関しては、抹茶の粉末が入っているので”違う味”ということになります!

またコーヒー味やコーラ味、カルピス味(カルピス原液)も、そのものの味にということになりますね。これは、かき氷シロップの原材料表示欄を見てみるとわかるのですが、イチゴやメロンといったフルーツ風味のシロップには同じ内容が記載されていますが、コーヒー味にはコーヒー、コーラ味にはカラメル色素などが入っていて、その成分の違いが他のシロップとは違う味を作り出しているのです。

かき氷シロップの作り方とレシピ

市販のかき氷シロップとはひと味違う、まるでスイーツのような専門店のかき氷!

ほとんどのお店が手作りのオリジナルシロップを使っていて、季節の果物などを贅沢に用いて素材そのものの美味しさを味わえるようになっていますね。

今年の夏は、そんな手作りシロップを使った”贅沢かき氷”を自宅で楽しんでみませんか?

手作りいちごシロップ

【材料】
・生のいちご、又はいちごピューレ…80g
・グラニュー糖…80g
・レモン果汁…10g

【作り方】
1・材料をお鍋に入れて、火にかけながら混ぜます。
2・中心まで沸騰したら火を止めます。
3・お鍋を氷水に当てて粗熱を取り、冷蔵庫で完全に冷やせば出来上がり!
※生のフルーツを使う場合は粗熱を取った後、ミキサーやブレンダーでピューレ状にしてもOK!お好みで果肉を残しても美味しいですよ。

手作りいちごマンゴーソース

【材料】
・マンゴー…1/2個
・水…大さじ1
・砂糖…小さじ1
・バニラアイス…適量

【作り方】
1・マンゴー、水、砂糖をミキサーに入れて攪拌します。
2・トロっとしたマンゴーソースになったら、冷蔵庫で冷やして出来上がり!
※仕上げにバニラアイスを添えると、さらに美味しくなりますよ。