ダイエット

【鯖缶ダイエット】が人気!サバ缶のダイエットレシピ紹介!

手軽に買えて日持ちもするので、とっても便利な食材『サバ缶』。そんな『サバ缶』を使った”サバ缶ダイエット”が人気になっています!

そこで今回は、なぜ『サバ缶』でダイエットできるのか?そして、ダイエットにピッタリな『サバ缶』のレシピなどを調べてみました♡

なぜ鯖缶でダイエットできるの?

メディアなどで取り上げられたことから、人気となった『鯖缶ダイエット』!でもどうして鯖缶でダイエットできるのでしょう?

これは鯖に限らず青魚全体に言えることですが、サバ類、イワシ類、サンマなどの青魚には、EPA(エイコサペンタエン酸)という成分が多く含まれています。この成分がダイエット効果に深く関わるため、「やせる」といわれているのです。

EPA(エイコサペンタエン酸)とは、人間の体内では作ることのできない栄養素で、必須脂肪酸のひとつ。食事から摂取する必要のある健康に欠かせない成分です。鯖のほかにもイワシやサンマ、マグロ、カツオなどの青魚に多く含まれています。ただし、過剰摂取すると血液が凝固しにくくなるとの指摘もあり、健康によいからといって摂りすぎは禁物です。

引用 手軽にできる!「鯖缶ダイエット」のうれしい効果とやり方

 

どうやら、青魚が持つ”EPA(エイコサペンタエン酸)”という成分に秘密があるようですね!

鯖が持つEPA(エイコサペンタエン酸)とは?

EPAには、血中の中性脂肪を減らすほか、皮下脂肪や内臓脂肪を減らす効果が認められています。これは、脂質代謝に関わる遺伝子にEPAが働きかけ、脂肪燃焼が促進されたことによるものだと、動物実験の結果から報告されています。

EPAには、脂肪酸感受性細胞に働きかけ、「GLP-1」という”やせホルモン”の分泌を促す作用があります。このGLP-1には、胃の消化活動を緩やかにすることで食欲を抑えたり、膵臓に作用しインスリンの量を調整することで血糖値を安定させる効果が期待できます。

引用 手軽にできる!「鯖缶ダイエット」のうれしい効果とやり方

 

このようにEPAが、脂肪燃焼の促進や”やせホルモン”の分泌など、ダイエットに必要な働きをしてくれるのですね♡

鯖缶ダイエットのやり方

では早速!『鯖缶ダイエット』のやり方をご紹介♡

厚生労働省の食事摂取基準(2010年版)によると、EPAとDHAを合わせた一日の推奨量は1000mg(1g)。鯖の水煮を含む、イワシやマグロなどの青魚に多く含まれているので、毎日の食事に取り入れましょう。

缶詰から摂る場合は、鯖の水煮缶に限らず、鯖の味噌煮や醤油煮、サンマのかば焼きなど、ほかの青魚の缶詰でもかまいません。(中略)

鯖缶ダイエットの効果をより高めるには、食物繊維の多い食材である根菜類やキノコ類、豆類などと一緒に食べることがおすすめです。

引用 手軽にできる!「鯖缶ダイエット」のうれしい効果とやり方

 

簡単で美味しい『鯖缶ダイエット』ですが、過剰摂取には要注意!鯖缶は、1缶(190g)あたりのカロリーが361kcalあるうえに、脂質や糖質も含まれているため、くれぐれも食べ過ぎには注意しましょうね♡

鯖缶ダイエットの人気レシピ

『鯖缶ダイエット』に使える人気のレシピを調べてみました♡

大根と鯖缶のほっこり煮物

鯖缶を汁ごと加えた、大根の煮物です。調味料はお酒とめんつゆ、おろししょうがだけ!しょうがで鯖の臭みを除いて、寒い日でもほっこり温まるレシピです。最後のネギはたっぷりかけて、彩りよく仕上げましょう。

引用 手軽にできる!「鯖缶ダイエット」のうれしい効果とやり方

レシピはこちら→Nadia

 

あっさり鯖缶ハンバーグ

こちらのレシピは、お弁当のおかずにもピッタリ!最近お肉に偏りがちなら、ぜひ鯖缶で作るハンバーグを試してみてください。厚揚げと鯖缶、なめ茸、小麦粉、パン粉を混ぜ合わせて、よくこねて成形します。フライパンで両面こんがり焼いたらできあがりです。

引用 手軽にできる!「鯖缶ダイエット」のうれしい効果とやり方

レシピはこちら→Nadia

 

鯖缶をそのまま食べてもOKですが、飽きてしまわないようにアレンジすることをおすすめします!ダイエットを継続するためにも、ほんのひと工夫してみましょうね♡