美容

マニキュアを長持ちさせる方法!その塗り方やコツを伝授!

指先のおしゃれを自分でつくりたい女子に人気のセルフネイル♡そんなセルフネイル派のお悩みといえば、”マニキュアがすぐ剥げてしまう!”こと。せっかくキレイに塗れたのに、数日で剥がれてしまってがっがり(泣)なんてことも少なくないはず。そこで今回は、そんなお悩みを解決すべく!マニキュアを長持ちさせる方法をご紹介♡

マニキュアを長持ちさせるコツ

指先のおしゃれを長持ちさせる、簡単なコツをご紹介♡このひと手間でマニキュアの持ちが、グーンとアップしますよ♡

1・爪の表面についた油分を落としましょう
マニキュアは、油分がついている爪に塗ってしまうと剥がれやすいので、ハンドクリームなどを塗った後はリムーバー(除光液)で、油分をオフしてからマニキュアを塗ってくださいね♡

2・ベース&トップコートは必須です
自爪にダイレクトにマニキュアをのせてしまう人!いませんか?これは例えて言うならベースを整えずに、いきなり素肌にファンデーションをのせているようなもの!時間が経てば崩れてしまうのは目に見えていますよね?

爪も同じでベースコートを塗ることで、爪の凹凸を補正してマニキュアの密着を良くしてくれるのです!爪とマニキュアの密着度が高まれば、剥がれにくくなるというわけです。

また、仕上げのトップコートも必ず塗るようにしましょう。トップコートはマニキュアの質感や色持ちを良くするだけでなく、傷や変色を防いでくれる効果も期待できるのです♡

さらに3〜4日に一度、マニキュアがキレイなうちに再度トップコートだけを塗ることも大事!手先は何かとよく使う部分ですので、どうしてもさまざまな物と接触があり、せっかく塗ったマニキュアも摩擦で徐々に剥げてしまいがち!そこで、マニキュアが剥げてしまう前にトップコートで保護することで、摩擦による剥げを抑える効果が期待できるのです。

3・指先の保湿も忘れずにしましょう
爪の乾燥は二枚爪の原因となり、先端からマニキュアが剥げてしまうことに!ハンドクリームを爪まで塗って、指先までマッサージするといいでしょう♡より健康的でツヤツヤな爪を目指すなら、ネイルオイルを使ってみるのもおすすめ!日頃から手やネイルのケアを心掛けるだけで、マニュキュアの仕上がりにも差がでますよ♡

4・リムーバーを使いすぎないようにしましょう

引用:美活ライフ

爪の大敵のひとつに“乾燥”が挙げられますが、実はリムーバー(除光液)はマニキュアを落とす時に、爪自体の油分や水分まで落としてしまうことがあるのです!そのためリムーバーを使いすぎると乾燥を促進することになり、爪にダメージを与えてしまう可能性が!

つまり、マニキュアを頻繁に塗り替えればリムーバーの使用頻度が高くなり、結果的に爪はどんどん乾燥して、2枚爪になりやすくなる…ということに(泣)この悪循環を防ぐためにも”マニキュアを長持ちさせて、リムーバーを使う回数を減らす”ということが大事なのです♡

 

マニキュアを長持ちさせる塗り方

マニキュアを塗る時には、爪の先端の断面部分までしっかりと塗りましょう♡爪の先端をカバーするように塗ることで、先端から剥げにくくなります。

また、マニキュアが皮膚についてしまうとそこから剥げてしまうので、ハミ出さないように塗るのもポイント!もしもハミ出してしまったら、すぐに皮膚についたマニキュアだけを綿棒でふき取ってあげましょう♡

最後に、マニキュアは”薄めに2度塗り”がベスト!発色を良くしたり、色ムラを隠すために厚塗りになりがちですが、塗れば塗るほど乾きにくくなりヨレてしまう可能性があるので注意しましょうね。